ユニクロ八丁堀店が閉店へ 解体予定の天満屋八丁堀ビル

広島市中区八丁堀の「天満屋八丁堀ビル」6階に入居していたユニクロ広島八丁堀店が、
2021年8月1日をもって閉店となる事が分かりました。
「契約が満期を迎えるため」と理由を説明しています。

市の調査で天満屋八丁堀ビルは、「震度6以上で倒壊する危険性のある建物」に指定されており、
当初2020年9月以降に解体に着手する予定でしたが、「2021年9月以降」に延期されていました。

その時期が近づいてきている中での今回の動き。
具体的な開発計画はあるのか、どこまで決まっているのか
非常に気になるところです。

Sponsored Link

 

【公式】:

(上記公式HPより)

 

【Yahooニュース】:

 カジュアル衣料品店ユニクロで中国地方最大の広島八丁堀店(広島市中区)が8月1日、閉店する。入居する天満屋八丁堀ビルは秋以降に解体する計画がある。ビル内にある家電量販店のヤマダ電機や大型書店の丸善広島店は当面営業を続ける方針でいる。

ビル6階の全フロアを使う広島八丁堀店は2012年9月の開店で、売り場面積約2200平方メートルの大型店。運営するファーストリテイリング(山口市)は「契約が満期を迎えるため」と閉店理由を説明した。従業員は希望に応じて近隣の店に異動させる。

(上記サイトより)

2012年にオープンした同店舗は、当時県内最大の店舗でした。
紙屋町のサンモール内にある紙屋町店は、八丁堀と同時オープンで話題となりました。

 

天満屋八丁堀ビル内のテナントの動向をまとめます。

  • ヤマダ電機 LABI広島店→閉店の発表なし。(2021年5月14日に近隣の「フジグラン広島」内に店舗をオープン。)
  • ユニクロ広島八丁堀店→閉店の発表あり。(2021年8月1日に閉店。)
  • 丸善広島店→閉店の発表なし。(2021年3月13日に隣接する「広島三越」内に文具専門店をオープン。)

 

 

すでにご存じかとは思いますが、
天満屋八丁堀ビルから南へ800mほどの宝町、「フジグラン広島」に
ヤマダ電機 テックランドフジグラン広島店が2021年5月にオープンしました。

天満屋八丁堀ビルの核テナントとなっているヤマダ電機 LABI広島店には、今のところ閉店の案内等はなされていないようですが、
解体に伴う閉店に備えた動きと見るのが自然かと思います。
CMでも「八丁堀まで行かんでええねぇ」と言っていましたね。(そんなこと言わんといて(笑))

★色番号塗装発送DA/DB63T キャリイ | フロントバンパー【ガレージベリー】キャリイ DA63T スキッドバンパー FRP製

 

天満屋八丁堀ビルの7~8階の2フロアに渡って出店している大型書店「丸善広島店」についても、閉店のアナウンスはありません。
しかし、隣接する三越広島の中に、文具専門の「丸善 広島三越店」を今年オープンさせています。

解体のための閉店は遅かれ早かれ確実に訪れるので、
天満屋と各テナントが協議をして事前に動いているものと予想されます。

 

では、9月(秋以降)解体して、すぐに再開発計画が打ち上げられるのかというと、
正直なところあまり明るい未来が想像できない。。。

高齢者を中心にワクチン接種が進んできたとはいえ、現段階での大規模投資はかなり覚悟のいる経営判断かと思います。
隣接する広島三越との一体開発ができれば面白いですが、三越の方は耐震工事を行っており今すぐに建物をどうにかしなければならないわけではありません。
所有する中国新聞社との間で多大な調整が必要になります。

遅かれ早かれ、いずれ商業施設として建て替えを行うのであれば、一体開発とした方が色々とメリットは大きいです。
新築ビルには床面積に応じた附置義務駐車場をを設ける必要がありますが、一体開発であれば共同で確保できて動線も一本化できますし、
あの狭い都心部での施工性などを踏まえても個別と一体だと段違いでしょう。

 

ただ、これまた現実的に考えると、都心一等地に百貨店を含む商業用途のみの大型施設を建てるのは、【40%OFF】PT01(ピーティーゼロウーノ)Colonial Party ポリエステル ウール ストレッチ 1プリーツ パンツやの例を見ても難しそうで、マンションやオフィスなどとセットにした再開発も想定されます。
この八丁堀交差点と中四国最大の歓楽街に面する敷地にマンションは流石にやめてほしいので、
基町相生通のようにオフィス・ホテルのようなものであれば本当に御の字です。

 

天満屋は昨年の段階で、下記のように多角的な検討を行うことが明らかになっています。

  • 建物を解体し新たに商業ビルやオフィスビルを建設
  • 現状のまま売却
  • さら地にして売却
  • 耐震補強工事を実施

営業中のテナントの動向に気を配りつつ、少し長い目で見ることも覚悟してビル跡の活用に期待をしておきたいです。

Sponsored Link

【40%OFF】BERNARD ZINS(ベルナール ザンス)VOYAGEボヤージュ ウールポリライクラストレッチサージ2インプリーツテーパードパンツ BZV3 2PF/98000 13082002025 ズボン・パンツ

  1. 瀬戸の多島美 【品質保証書付】 トレーディングカード 2020 認定 #19 昭悟 秋山 ルーキーカード- show original titleCOACH 三つ折り財布 アウトレットミニ財布 ブラック メンズ コーチ F23845 BLK
    【40%OFF】BERNARD ZINS(ベルナール ザンス)VOYAGEボヤージュ ウールポリライクラストレッチサージ2インプリーツテーパードパンツ BZV3 2PF/98000 13082002025 ズボン・パンツ
    【40%OFF】BERNARD ZINS(ベルナール ザンス)VOYAGEボヤージュ ウールポリライクラストレッチサージ2インプリーツテーパードパンツ BZV3 2PF/98000 13082002025 ズボン・パンツ
    13082002025-24923
    10,017円 23,232円




















    ■返品交換について

    ■店頭受取について

    ※モニターにより、色の見え方が実際の商品と異なることがございます。
    ※商品は他店舗での販売もしておりますのでタイムラグにより在庫数のずれが 生じる場合がございます。在庫ありの表示でも品切れの場合がございますので、 あらかじめご了承頂きますようお願いいたします。

    ※メーカー希望小売価格はメーカー商品タグに基づいて掲載しています。

    BERNARD ZINS(ベルナール ザンス)
    VOYAGEボヤージュ ウールポリライクラストレッチサージ2インプリーツテーパードパンツ BZV3 2PF/98000

    『フランスのエスプリをビジネススタイルに持ち込むことが可能となりました。』

    BERNARD ZINS(ベルナール ザンス)には今まであまりストレッチ性を前面に押し出したタイプはなかったんですが、今コレクションから遂に登場、その上品な見え方にして圧倒的な穿き心地の良さはさすがZINSというクオリティです。

    採用したモデルはBZV3というBERNARD ZINSの中で最もスタンダードな2プリーツモデルでして、インプリーツ、通称フレンチプリーツのエレガントさと、シルエットのシャープさが際立って美しいモダンシルエット。

    スマートなのに旅行にも穿いて行けてしまうというコンフォート性からフランス語で“旅行”を意味する“VOYAGEボヤージュ”の名を関したコレクションになっています。

    (画像のスタッフは182cm、76kgで42サイズを着用しています。)

    ≫ より詳しい解説をブログに掲載しております


    STAFF Voice
    非常にモダンな雰囲気を持ったこちらのパンツは、快適な穿き心地と見た目のエレガントさを併せ持った素晴らしい仕上がりです。
    出張の多いビジネスマンには嬉しい高いコンフォート性と、様々なスタイリングにおいて頼りになる安定感を持った”ワードローブに加えるべき一本”ですね。

    スタッフ 井上


    秋冬シーズンの定番生地である上質なストレッチサキソニーを採用したコチラのモデルは、秋冬らしいウォーム感もほどほどに非常にしなやかで洗練されたエレガンスを漂わせる素敵なパンツに仕上がっているんです。
    「佇まい・穿き心地・雰囲気」三拍子揃った珠玉のパンツを是非一度ご堪能あれ!

    スタッフ 小林



    サイズ

    ウエスト渡り膝幅裾幅股上
    3881322318.225
    40843323.518.425.5
    4287342418.625.5

    ※単位はcmです。 詳しいサイズはコチラ

    商品番号13082002025
    展開レーベルguji
    モデルBZV3 2PF/98000
    販売価格¥32,000 + tax
    シーズン秋 / 冬
    素材表地:ウール60% ポリエステル38% ライクラ2%
    生産国ポルトガル
    付属品無し

    【修理希望のお客様へ】
    修理希望のお客様はコチラのページより、希望の修理方法を一緒にカートに入れてご注文ください。
    ※修理が必要な場合のみご注文ください。ご注文が無ければ未修理にて発送致します。


    ブランド

    BERNARD ZINS/ベルナール ザンス

    創業者Bernard Zins(ベルナール・ザンス)氏は、1950年代にアメリカに渡って最新の生産方法を学び縫製機器を輸入、1967年、故郷である、フランス北部ランスにてパンタロン専業工場を設立したときから歴史が始まりました。
    1970年代からは「HERMES 」「Louis Vuitton」「LANVIN」 等に始まり、創業当時の「HEMISPHERES」「ARNY」「Marcel Lassnce」「OLD ENGLAND」の等フランスのほとんどのブランドを彼らが手掛けた事をきっかけとして 確かなクオリティが賞賛され 高い評価を受けるようになりました。
    現在フランスでは数少ないパンタロン専業ブランドとして伝統のパターンワーク、シルエット、素材選び、色使いを守りつつ 進化を続けています。
    このブランドの商品をもっとみる


三越との一体開発が理想ですね。もっと言えば裏の東劇ビルも含めてもらって八丁堀のランドマークとなる建物(GINZA SIXのような)を期待します。最近紙屋町地区の景色が大きく変貌しているので、余計に八丁堀交差点付近の変化の無さを寂しく感じます。